君の泉に恋してる 浅倉舞


愛の叙情に包まれながら、彼と共に幸せな毎日を送る舞。そんなある日、舞の元へ一人の男が現れた。その男こそ互いの過去を知り合う仲であった。そんな男に心ゆらぐ舞であったが、泉の底から湧き出すものをどうすることもできなかった。そう、愛は淘汰するもの…