秘所を潤ませた徘徊美少女 「私、今日も親の目の届かないおじさんの部屋で、ヤラレまくってます…。」 栗衣みい


寂しさを紛らわすためにいつしか徘徊するのが習慣となってしまった彼女。満たされてない愛情の欲が湧き出て大分年上の男性に身を寄せる日々。我慢汁を垂らすおじさんと愛液溢れる自分の膣を交合させ華奢なカラダは激しく揺さぶられおじさんから惜しみなく愛情を注がれる。顔に放出される精液は生温かく生臭いけど人の温もりを感じられるからいつも浴びちゃう彼女。親は把握していない、娘とおじさんとの日常。ありのままの姿です。

【※画像・音声に多少の乱れがあります】
無料動画サンプルを見る