【VR】明日、君はきっと堕ちる… あべみかこ


不思議な少女に出会った。少女は自分がドMである事を自覚しているようで、無垢なカラダを調教される事を望んでいた。調教が趣味の私は早速自宅の倉庫に少女を案内し、調教する事に決めた。手始めに家畜のように鎖で繋いでやり、ペット用トイレで放尿させると、恥じらいを見せつつも素直に従い、透き通るような白い肌を露わにし、洗体を従順に受け入れるのだった。そして、完全にドMの本性を見せた少女は、私のズボンのチャックを開けてチ●ポを咥えると、自ら喉奥まで挿入し、嗚咽と歓喜のうめき声を上げながら涎を垂れ流し笑みを浮かべ、手マンとスパンキングで昇天する程の変態ぶりを披露したかと思えば、肉棒を膣穴で咥え込み、快楽に任せて腰を振るとイキ狂いながら喘ぎ声を漏らし、白濁汁をナカで受け入れる。趣味で撮影していた少女のポラロイド写真を眺めながら、極上M女調教の日々を思い出すのだった。

※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。
※この商品は専用プレイヤーでの視聴に最適化されています。
※VR専用作品は必ず下記リンクより動作環境・対応デバイスを確認いただきご購入ください。