赤い暴行

ロック・バンド「デビル」はフジト、アキ、ハント、サガラの四人のバンドだ。一向に芽がでない退屈な毎日に焦りを覚えては、パッとしない気持ちをグルーピーと関係することで紛らわせている。フジトは大阪から追いかけてきた女子大生のひとみに「大阪にいたころのあんたはよかった」と言われてあいそをつかされる。アキは水商売の女・志津のヒモ同然の毎日を送るていたらく。ハントも町で引っかけた美奈と関係を続けるがだんだんと彼女が世帯じみた姿に見えてきて辟易している。

Read more

恋の狩人・欲望

ルポライター戸田の真子に対する取材は二週間を過ぎようとしていた。初めはこの小生意気な二十歳の少女に全く興味を示さなかった戸田だが、次第に、自信に満ちた真子の生き方に興味を覚えていった。それは、戸田の安保闘争にすごしたあの若々しい青春時代の自分自身を見るようだった。かつて、その学生運動の中で阿梨子と恋をして、闘った。だが気が付いた時には、運動の失敗と、事故のための阿梨子の失明という敗北感だけが残っていた。

Read more

温泉芸者 湯舟で一発

湯煙りたなびく真良田温泉。ここは子供が欲しい女は湯につかればたちまち子宝にめぐまれ、ナニがどうも…という男はあっという間にビンビンのビン!というありがたい効果があるという温泉郷だ。しかし、旅館・泉水館の女将銀子にはなぜか子どもが生まれない。子宝の湯の女将が子供が出来ないのではこの温泉に傷がつく、泉水館の女将は三年以内に子どもが出来ないと旅館を去らなければならない鉄則があり、三年目を迎えた銀子に町中の話題が集まっていた。

Read more

闇に浮かぶ白い肌

父の残した莫大な財産で何不自由なく幸せに暮す一彦と盲目の妹綾子。そして盲導犬のジョロニモ。一彦が響子と結婚式をあげた矢先、新婚の響子が蒸発してしまう。半年後、医師稲葉に伴なわれて響子が姿を現した。記憶喪失にかかっており過去の記憶はまるっきり無かった。しかも夜の行為の激しさは驚くべき大胆さになっていた。ある時は綾子の前でさえ…。失踪前の響子とはまるで別人のようだった。盲導犬ジェロニモは、戻った響子を受け入れずに激しく吼えつくばかりだ。

Read more

毎朝ゴミ出し場ですれ違う浮きブラ奥さん 美作彩凪

3年浪人している僕は、親に見放されて予備校に行く事すら出来ず地道に毎晩徹夜で勉強していた。何度もくじけそうになったけど、奇跡的に僕の徹夜勉強生活は続いている。その理由は、徹夜明けにゴミ出し場で同じマンションに住む綺麗な奥さんの、浮いたブラから乳首が拝めるからだ。ブラが見えただけでもドキドキしてしまうのに、乳首がチラチラ見え隠れして…。僕は、徹夜で朝まで起きられても勉強に集中する事は出来なかった。

Read more

同居人とケンカし薄着姿で部屋を追い出されてしまった隣の可愛い女の子「ほとぼりが冷めるまで」と僕の部屋にいて貰うことになったが無防備すぎるおっぱいと見えそうな下着に興奮し我慢できず…

同居人とケンカし、部屋を締め出されてしまった可愛いお隣さん。胸の谷間と太ももを晒した薄着の状態で扉の前で蹲っていたので心配になって、部屋に入れて貰えるようになるまでの間、僕の部屋に居てもらう事にしたのだが…。

Read more
1 2 3 790